咬合紙は補綴物の試適時や歯列の上下接触関係を確認するためのものである。
主としてカーボン紙を短冊状に切ったものをホルダーに装着したり、あらかじめ歯列の形に切ってある馬蹄形の咬合紙を用いる。